解釈の違い条文の違い

法律 問題

解釈の違い条文の違い

法律には様々な困った点が残されています。
日本にはいろいろな決まり事が決められていて、いろいろな人がこれを守って生活をしています。
一番に困るのは一つの法律についていろいろな解釈がいろいろな人でできるという点にあります。
この解釈をめぐって様々な問題が起こってきています。
最近あったのは安保法令についての解釈の違いです。
安保法案を通したい国は解釈を違えることでこの法案を通してしまいました。
元最高裁長官は明確に憲法違反だとしましたが解釈を違えることで非なるものも可になってしまいます。
民法や商法のように一つの決まり事でも、民法と商法では全く違った条文があることも問題です。
たとえば貸付金利は民法では20%以上の金利で貸し出しを行ってはいけないとうたってあるのに、商法では40%近くの金利をつけて貸し出しを行ってもよいと条文にあります。
貸出金利は民法に合わせて金利の規制が行われましたが、読む人で解釈がそれぞれ違う、各法律で決まったことが書いてないというのが問題です。

ときめく人生をもう一度始められます

KangerTechを購入できるサイト

ビルオーナには悩みの種の固定費…少しでも削減するにはどうしたら?

金買取を郡山でお探しなら|アキヤマ質店

商品券の買取はお任せください

最新記事